京都・丹後の山野草 図鑑 / sc-tango

草花との出会いは名前がわかると一層楽しいものです。丹後の自然のすばらしを多くの人に伝えたいと思います。

カテゴリ:秋の花 > 11月の花

コセンダングサ [小栴檀草] キク科 花期:9~11月  名:センダングサより小さいという意味だが、実際はセンダングサより小型ではない。  yo  yo ...

トキワハゼ [常磐爆] ハエドクソウ科 花期:4~11月  名:「トキワ(常磐)」は花がほぼ1年中見られ、いつでも葉があることを意味する。  また「ハゼ」は、果実が爆(は)ぜることから。  yo ...

サトイソギク [里磯菊] キク科 花期:10~11月 名:植物学上はハナイソギクの別名。 イソギクと栽培のキクの雑種で、舌状花が黄色いものを指すことが多い。 ...

ハマベノギク(スナジノギク) [浜辺野菊] キク科 開花期:7~10月   名: 花が野菊のようで海岸に分布しているから。 葉に楕円形で厚みがあって、縁に毛が生える。風の強いところでは地をはう。 丹後では白花も見られる。  2020  11/14  2018 11/1  ...

ハナイソギク(ウラジロギク) [花磯菊] キク科 花期:11~12月  名:イソギクの頭花に舌状花(白色)を生じたところから名付けられました。  海岸で野生化しているのは珍しい。  2020  11/14  2018 11/1  11/7   11/7 ...

ウンラン [海蘭] オオバコ科 開花期: 8~10月 名: 海岸に生え花が蘭に似ているところから。 花の形はキンギョソウによく似ています。   2020  11/14 ...

イソギク [磯菊] キク科 花期: 11~12月  名: 磯に生える、小菊によく似ているから。  花は黄色で、管状花だけを咲かせ、多数の花が散房状につきます。   2020  11/14   2019 11/1   2019 11/1  2019 11/1  2018 11/1  2018 11/1 ...

ママコナ [飯子菜]  ハマウツボ科 開花期: 7~9月  名: 花弁に2つ並んだ白い膨らみが米粒のように見えること、 または、若い種子が米粒に似ています。 飯粒状の白い斑点がある花。  2020  11/11 ...

シシウド [猪独活] セリ科 花期: 8~11月 名: ウドに似ているが、強剛なのでイノシシが食うのに適したウドと見たてて名がついた。 やや湿った草地に生える大きな草。   11/2一年性多年草近畿、中国地方。シシウドに似るが、シシウドは葉の裏面脈上に短毛がやや密に生 ...

チャノキ(チャ) [茶木] ツバキ科 花期: 10~11月 名: 漢名の「茶」を音読したもの。 3個の種子。日本では古くから薬用に栽培されていた。 お茶にはカテキンを含み、抗酸素力があり、食中毒や風邪の予防にもなる。   2020  11/4 ...

コウヤボウキ(タマボウキ) [高野箒] キク科 花期: 9~11月 名: かつて高野山ではこれで作った箒が用いられていた。 葉は単葉で互生。一年枝の先に冠花を付ける。  2020  11/4 ...

ヒイラギ [柊] 花: 11~12月 モクセイ科  常緑小高木(4〜8m) 名: 葉の縁にあるトゲに触れると痛いことから、ヒリヒリ痛むを意味する「疼ぐ(ひひらぐ)」が語源。 ...

 ハナヤスリ  2019  11/2 ...

ペラペラヨメナ[ぺらぺら嫁菜](ゲンペイコギク) キク科 多年草(20~40cm) 花期:4~11月   yo     yo 多年草 中央アメリカ原産。1949年に京都市で野性化が知られた。関東以西で、河川や道ばたの石垣の間などに発生する。主に花卉として栽培される。茎は基部で分岐 ...

ミヤマシキミ [深山櫁] ミカン科 花期: 4~5月 名: 深山に生育するシキミの意味。シキミの名前は、果実に猛毒があることから、「悪しき実」が由来といわれます。 雌雄異株。葉は、厚く光沢があり、枝先は輪生する。   2019 11/10 大宮町  ...

アキギリ(ミヤマアキギリ)  [秋桐]  シソ科 花期: 10~11月  名: 樹木の桐の 花によく似ていて、秋に咲くことから。  葉は対生し、葉身はホコ形で先がとがり鋸歯がある。  2019 11/13  弥栄町  2018 11/20 yo ...

リンドウ  [竜胆] リンドウ科  花期: 9~11月   名: 生薬の「竜胆(リュウタン)」から変化した。   葉は卵状被針形で柄はなく茎を抱く。茎の先端に上向きの花を咲かせる。   2019 11/13 弥栄町  2019 11/02 弥栄町         ...

ヤクシソウ [薬師草] キク科 花期: 8~11月   名: 薬師堂の近くで発見されたから。   黄色の頭花を多数つける。葉は茎を抱く。葉・茎に毛はない。 ...

キッコウハグマ [亀甲白熊] キク科 花期: 9~10月  名: 葉の形が亀の甲羅に似ているから「キッコウ(亀甲)」。 また、「ハグマ(白熊)」はヤクの毛で作られた高僧が持つ払子(ほっす)のことで、花の形がそれに似ていることから。  葉は茎に輪状につき、形は5角形にな ...

フユノハナワラビ(カンワラビ) [冬の花蕨] ハナヤスリ科 花期: 10~12月   名: 冬に胞子葉を出し、それが花のように見えることから。   冬になると(実際は、秋になると、だが)葉が出て、翌年の夏にはまた枯れてしまう。   2019 11/2 弥栄町 ...

↑このページのトップヘ