京都・丹後の山野草 図鑑 / sc-tango

草花との出会いは名前がわかると一層楽しいものです。丹後の自然のすばらしを多くの人に伝えたいと思います。

2020年03月

マルバマンサク [円葉満作] マンサク科 花期: 3~4月  名: 「豊年満作」の満作からきたとも言われています。  おもちゃの「吹き戻し」のような花。(花びらが徐々に伸び始める様子)   2020  3/25  2020  3/25 3/29 ...

   シキミ(シキビ) [樒] マツブサ科 花期: 3~4月 名: 果実は猛毒で「悪しき実」が訛ったもの。 抹香の香りがするので、仏前に供えられる植物として知られ、樹皮や葉が抹香や線香の原料ともされます。                     2020  3/25   ...

ミツマタ [三椏] ジンチョウゲ科 花期: 3~4月 名: 枝が3つに分かれ ているのがミツマタの由来。 ミツマタと聞くと和紙の原料と思い出す。花はきれいです。 2020 3/25   2020  3/25    2018 3/28  2019 3/28   3月24日 ...

ホクリクネコノメ [北陸猫の目] ユキノシタ科 花期: 4~5月  名: 北陸地方に自生の見られるネコノメの意から。  日本海沿岸地方の沢沿いに分布。苞(ほう)が猫の目のように金色に輝く。 ヨゴレネコノメは間違い ホクリクネコノメ  3月29日 植物体は、葉腋の毛を ...

スイセン(ニホンスイセン)  [水仙] ヒガンバナ科  花期: 11~3月 名: 古代中国の偉人を形容して、「水中の仙人」という意味。  開花が11月からと早く八重咲き種。福井県の越前海岸などの大群落が有名です。  2020  3/18   2019 3/4   ...

ヤマエンゴサクからキンキエンゴサクに改定します。ヤマエンゴサク(ヤブエンゴサク)  [山延胡索] ケシ科    花期: 3~5月 名: 漢方薬に使われるエンゴサクの野生種。 茎の先端に総状花序をつくり、花を数個開く。          3月29日 ...

アカバナマンサク [赤花満作] マンサク科 花期: 3~4月  名: 「豊年満作」の満作からきたとも言われています。  おもちゃの「吹き戻し」のような花。(花びらが徐々に伸び始める様子)  yo    yo ...

イヌホオズキ (バカナス)  [犬酸漿]  ナス科 花期: 8~10月  名: ホオズキやナスに似ているが役に立たないことによる。  葉柄に托葉があり、 葉はホウズキに似てる。   2011  8/31   ...

アレチギシギシ(荒地羊蹄)タデ科ギシギシ属 多年草(0.4〜1.2m) 花期は6〜10月。 道ばたや川岸、鉄道沿いなどに生え、高さ0.4〜1.2mになる。 ほかのギシギシ類に比べてほっそりしている。(野に咲く花)    yo        yo ...

アオツヅラフジ (カミエビ)[青葛藤]ツヅラフジ科7~8月 名: 毛葛篭(ツヅラ)を作ったツヅラフジ科のツル性植物で、青い実を 付けることから。 茎や葉に毛が生えている。 雌雄異株。   yo ...

ツノハシバミ(ナガハシバミ) [角榛] カバノキ科 開花期: 3~4月  名: ツノは,角状に伸びた果苞の形で。榛柴実(はりしばみ)からの転訛したもの。 雌花 3/30 雄花 2020  2/25 yo ...

ツルカノコソウ(ヤマカノコソウ) [蔓鹿子草} オミナエシ科  花期: 4~5月  名: 蕾の頃の白と桃色の花の状態を鹿の子模様になぞらえた。  花は小さく、開ききるとオトコエシのような花となる。  2020 2/27  (𠮷岡) ...

ハマダイコン [浜大根] アブラナ科 花期: 3~6月 名: 浜に生育する大根だから。 ダイコンの野生化したものと言われていますが、最近の研究では疑問がもたれています。  2019 3/26  3月7日   3/23  3/7  3/7  ...

サワハコべ(ツルハコベ) [沢繁縷] ナデシコ科 花期: 5~7月  名: 沢沿いに生えるハコベの意。  葉は対生し、葉柄があり、三角状卵形~卵形で、表面に短毛がある。  2020  2/25  (𠮷岡) ...

↑このページのトップヘ