京都・丹後の山野草 図鑑 / sc-tango

草花との出会いは名前がわかると一層楽しいものです。丹後の自然のすばらしを多くの人に伝えたいと思います。

2020年02月

 ハナヤスリ  2019  11/2 ...

クロモジ(モチバナギ) [黒文字] クスノキ科 花期: 3~4月  名: 樹皮によく見られる黒い斑点模様を文字に喩(たと)えたもの。丹後では、モチバナギとも言う。  高級和菓子の楊枝などに使用します。  3月13日 ...

オオバグミ(マルバグミ) [大葉茱萸] グミ科 花期: 10~11月 別名: グミの仲間に比べて葉に丸みがあることから。 枝はつる状にのびる。枝や葉腋に刺はない。         ...

サンインシロカネソウ (ソコベニシロガネソウ) [山陰白金草]  キンポウゲ科 花期: 3~5月   名: 花の基部は赤く別名のソコベニシロガネソウの由来。 アズマシロカネソウとよく似ているがやや小さく、花後、匐枝を出して繁殖する。 茎は高さ0~15cm、花後地上走出枝を ...

サツマイナモリ [薩摩稲森] アカネ科 花期12~5月名前の由来は薩摩に咲くイナモリソウ。日当たりの悪く湿っぽい場所で純白の花を咲かせています。   2020  2/27 (藤原)   2020  2/27   (藤原) ...

   シキミ(シキビ) [樒] マツブサ科 花期: 3~4月 名: 果実は猛毒で「悪しき実」が訛ったもの。 抹香の香りがするので、仏前に供えられる植物として知られ、樹皮や葉が抹香や線香の原料ともされます。                    2020  2/25   篠山市 ...

ヤマアイ [山藍] トウダイグサ科 花期: 3~4月  名: タデ科のアイ(藍)は、畑で栽培されますが山地に産するアイ(藍)という意味から来ています。  2020  2/26 ...

3月の花 立岩・大成(丹後町) オオイヌノフグリカキドオシホトケノザヒメオドリコソウハマダイコンニワトコアオキ ...

2020年2月に見られた花 ※写真は、丹後の野山を歩こう会からお借りしました。  バイカオウレン  ニワトコ   ヤマアイ カンスゲ    クサイチゴ   ヒサカキ ...

アオハダ [青膚] モチノキ科 花期: 5~6月 名: 樹皮は爪で簡単にはがれ、緑色の内皮が現れるので青膚の名がついた。 外皮薄く内皮緑色。 ...

アオキ [青木] ガリア科 開花期: 3~5月 名: 青々としている木。生木(なまき)常緑で枝も青いため。 3~4月頃に、花と赤い実が楽しめます。 雌雄異株。 ...

ミヤマシキミ [深山櫁] ミカン科 花期: 4~5月 名: 深山に生育するシキミの意味。 シキミの名前は、果実に猛毒があることから、「悪しき実」が由来といわれます。 雌雄異株。葉は、厚く光沢があり、枝先は輪生する。 2020 2/11 兵庫県  ...

ヤブツバキ(ヤマツバキ) [藪椿] ツバキ科 花期: 11~4月  名: 葉が厚いことから「厚葉木(あつばぎ)」、また葉が艶々していることから艶葉木(つやばぎ)」が語源という説もある。  丹後町には10月から咲くものも有ります。 2020 2/4      ...

ホトケノザ(サンカイグサ)  [仏の座]  シソ科 花期: 3~5月  名: 葉が仏像の蓮華座(台座)に似ていることから。  葉から立ち上がるように花がつく。閉鎖花を付ける。葉は、対生。  花期は3月から6月で、上部の葉脇に長さ2センチメートルほどの紫で唇形状の花をつける ...

ミスミソウ(ユキワリソウ) [三角草] キンポウゲ科 花期: 3~4月   名: 葉の形が三角 葉が3裂していて先がとがり、角が3つあるように見えるため。   葉は、束生し長い柄がある。   2/19   2013 2/26 北半球の温帯に自生し、日本では本州の中部以西の山間地に多 ...

↑このページのトップヘ