京都・丹後の山野草 図鑑 / sc-tango

草花との出会いは名前がわかると一層楽しいものです。丹後の自然のすばらしを多くの人に伝えたいと思います。

2019年11月

ミヤマシキミ [深山櫁] ミカン科 花期: 4~5月 名: 深山に生育するシキミの意味。シキミの名前は、果実に猛毒があることから、「悪しき実」が由来といわれます。 雌雄異株。葉は、厚く光沢があり、枝先は輪生する。   2019 11/10 大宮町  ...

ヤドリギ  [寄生木]  ビャクダン科  花期: 2~4月  名は体を表すというように、寄生性の樹木です。  雌雄異株。実は、11~12月熟す。   2019 11/10 大宮町   2018 11/26   ...

アキギリ(ミヤマアキギリ)  [秋桐]  シソ科 花期: 10~11月  名: 樹木の桐の 花によく似ていて、秋に咲くことから。  葉は対生し、葉身はホコ形で先がとがり鋸歯がある。  2019 11/13  弥栄町  2018 11/20 yo ...

リンドウ  [竜胆] リンドウ科  花期: 9~11月   名: 生薬の「竜胆(リュウタン)」から変化した。   葉は卵状被針形で柄はなく茎を抱く。茎の先端に上向きの花を咲かせる。   2019 11/13 弥栄町  2019 11/02 弥栄町         ...

ヤクシソウ [薬師草] キク科 花期: 8~11月   名: 薬師堂の近くで発見されたから。   黄色の頭花を多数つける。葉は茎を抱く。葉・茎に毛はない。 ...

ツクバネソウ  [衝羽根草]  ユリ科 花期: 5~6月  名: 花や実の形が羽根つきの羽(羽子)に似ています。  四枚の葉が輪生し、その頂部から茎を出して一輪花をつける。  ※丹後の自生種は、「ヨコグラツクバネソウ」と思われます。   2019 5/3  ...

コバノガマズミ [小葉莢蒾] レンブクソウ科 花期: 4~5月 名: 「神つ実」であるという説や、 ズミは染めに使用するとの意味。 葉柄の基部に線形の托葉がある。葉の表面に毛が有る。   2019 11/2 弥栄町    ...

キッコウハグマ [亀甲白熊] キク科 花期: 9~10月  名: 葉の形が亀の甲羅に似ているから「キッコウ(亀甲)」。 また、「ハグマ(白熊)」はヤクの毛で作られた高僧が持つ払子(ほっす)のことで、花の形がそれに似ていることから。  葉は茎に輪状につき、形は5角形にな ...

フユノハナワラビ(カンワラビ) [冬の花蕨] ハナヤスリ科 花期: 10~12月   名: 冬に胞子葉を出し、それが花のように見えることから。   冬になると(実際は、秋になると、だが)葉が出て、翌年の夏にはまた枯れてしまう。   2019 11/2 弥栄町 ...

ヤマボクチ(ヤマゴボウ) [山火口] キク科 花期: 10~11月  名: ホクチは茸毛(しゅうもう:葉の裏に生える繊維)が火起こし時の火口(ほくち)に用いたことから。 葉の基部が心形~円形。葉はゴボウに似て葉の裏に綿毛が密生し白色。  2019 11/2 弥栄町  2019 11/2 ...

ツワブキ [石蕗] キク科 花期: 10~11月  名: 艶葉蕗(ツヤハブキ)がなまったともいわれる。  葉は、腎円形で光沢がある。海岸近くに自生。市販のキャラブキはこれ。   2019 11/1 丹後町  2019 11/1 丹後町   2018 11/1   2018 11/1  ...

ヒロハハナヤスリ  2019 11/1  2019 11/1多年草だが、地上部は秋から冬には枯れる。栄養葉は広卵形~卵形で、基部は急に狭くなって短い葉柄となる。葉脈の網の目は比較的大きく、二次脈は発達しない。胞子嚢は葉状茎の先端に2列に並ぶ。◎参照 日本の野生植物 シダ( ...

↑このページのトップヘ