京都・丹後の山野草 図鑑 / sc-tango

草花との出会いは名前がわかると一層楽しいものです。丹後の自然のすばらしを多くの人に伝えたいと思います。

2019年04月

ナンキンナナカマド(コバノナナカマド) [南京七竈] バラ科 花: 5月  名: 材質が固くて燃えにくく、 かまどに七度入れてもまだ焼け残るから。  葉は5~20cm、小葉や7~9枚。先はにぶくとがる。大きな托葉が目立つ。     2019 4/30  ...

シラフジ(シロバナヤマフジ) [白花山藤] マメ科 花: 4~5月  ヤマフジの白花種。 フジに似るが別種で、つるはフジとは逆で左巻きに絡む。  2019 4月 yo (yo) ...

ハマナス(ハマナシ) [浜梨]  バラ科 花期: 5~9月  名: 食べられる丸い果実をナシになぞらえたものです。  花は強い芳香を放ちます。京都府下では絶滅が危倶されている植物の一つです。      2019 4/28 ...

エチゴタチツボスミレ 交雑種のエチゴタチツボスミレ(イソスミレ×タチツボスミレ)  2019 4/28  ...

ハナニガナ(オオバナニガナ) [花苦菜] キク科 花期: 5~6月  名: ニガナより花が目立つことから。 ニガナによく似るが、小花が7~11個ある(ニガナは普通5個)。 葉は茎を抱く。    2019 4/22   ...

オキナグサ (フデクサ)   [翁草] キンポウゲ科 花期: 4~5月 名: 果実につく白い毛を白髪の老人にたとえて。 葉は根際につき、葉柄があり2回羽状複葉。全体が白毛に覆われる。   2019 4/21  4/29 ...

ヤマアイ [山藍] トウダイグサ科 花期: 3~4月 名: タデ科のアイ(藍)は、畑で栽培されますが山地に産するアイ(藍)という意味から来ています。   2019 4/20  ...

ヤマネコノメソウ [山猫の目草] ユキノシタ科 花期: 3~5月 名: 山地に自生し、裂開した果実がネコの目のように見るから。 ネコノメソウに似ているが、葉が互生するのが大きな特徴。花茎の基部に有毛のむかごが付く。  2019 4/20  ...

クロボシソウ [黒星草] イグサ科 花期: 4~5月 名: 由来は不明。花の色が黒く、星の形をしていることからか?。 花被片は通常濃赤褐色を帯び、花糸は葯より少し短い。   (yo) ...

ムラサキケマン(ヤブケマン)  [紫華鬘]  ケシ科   花期: 4~6月 名: 花が紫色のケマンソウのため。 小さな唇形の花と羽状の葉。   2019 4/20 4月21日 ...

ツリガネツツジ(ウスギヨウラク)  [薄黄瓔珞] ツツジ科 花期: 4~6月 名: 仏像や寺院に飾られるつりがね状の装飾品の意味。 薄い黄色の小さく目立たない色の花。丹後ではあまり見かけない。 2018 4/16   2019 4/18   ...

アセビ(アシビ)  [馬酔木]  ツツジ科 花期: 2~5月  名: 馬が食べると酔って歩けなくなる事から。 花は枝先に複総状花序を下垂して咲く。 丹後で発見された受咲の園芸品「甲山」がある。  4/2 4月12日 4月12日 ...

ハマハタザオ [浜旗竿]  アブラナ科 花期: 4~6月   名: 浜辺に生育するハタザオなので。 白色の花を咲かせます。   茎は低くて直立し、茎葉は長楕円(だえん)形。   2019 4/22  ...

カナクギノキ(ナツコガ) [鉄釘の木] クスノキ科 花期: 4~5月 名: は「鉄釘の木」の意で、その材がやや堅硬で木理が密であることからから名づけられたものと思われる。 雌雄異株。材は楊枝や小細工物に使用する。   ...

ハシリドコロ★   2019 4月  豊岡市  yo ...

↑このページのトップヘ