京都・丹後の山野草 図鑑 / sc-tango

草花との出会いは名前がわかると一層楽しいものです。丹後の自然のすばらしを多くの人に伝えたいと思います。

2018年05月

ヒトツボクロ  [一黒子]  ラン科 花期: 5~6月 名: 由来は不明。 長卵形で暗緑色の葉が1枚根元につき、葉の裏面は紫褐色を帯びています。  ...

カタバミ(スイモノグサ) [片喰] カタバミ科 開花期: 5~9月 睡眠運動の時に、片方が欠けて、食べたように見えることから。 茎は地面を這い、長い柄の先にハート形の葉を3枚つける(3出複葉)。 ...

ヘラオオバコ(イギリスオオバコ) [篦大葉子] オオバコ科 花期: 4~8月 名: 葉の形が細長くヘラの形をしている。 葉はヘラ状で細長く、柄はない。 江戸時代末期に渡来したといわれる。   5月30日 ...

トチバニンジン(チクセツニンジン) [栃葉人参] ウコギ科 開花期: 6~8月 名: 手のひら形の葉がトチノキに似る。 根茎が肥大し、結節がある。    5/30  ...

ムラサキカタバミ [紫片喰] カタバミ科 花期: 5~7月  名: 花は紫色のカタバミなので。  花弁にすじ模様がある。おしべのやくは白です。  5月30日 < ...

バイカウツギ(サツマウツギ) [梅花空木] アジサイ科 花期: 5~6月 名: 花がウメに似ているのでバイカウツギと名がついた。  表面はざらつかない。花びらは4枚。   2018 5/275/10 ...

ハマニガナ(ハマイチョウ) [浜苦菜] キク科 開花期:4~10月   名: 葉や茎を切るとタンポポのような苦みのある乳液ガ出るニガナと似ていることから。    ...

ナナカマド  [七竃]     バラ科 花期: 5~6月       名: 材質が固くて燃えにくく、 かまどに七度入れてもまだ焼け残るから。  小葉はふつう4~7対。     2018 5/20 ...

ヤマタツナミソウ  [山立浪草] シソ科  花期: 5~6月 名: 山に生えるタツナミソウ花序の先端はやや前傾し、尻尾のような形です。 花の段の基部に葉が対生しています。  2018 5/26 ...

アキグミ [秋茱萸] グミ科 開花期: 4~5月 名: 「グミ」は「グイミ」の転訛で「グイ=棘」の多い木で秋に実がなる。 実は6~8mmで秋(10~11月)熟し食べられる。 葉は細長い、金銀に輝く。  5/15 ...

サギゴケ(ムラサキサギゴケ) ゴマノハグサ科  名: 花色が紫で、花が「サギソウ」に似ていから。白花を「シロバナサギゴケ」と呼ぶ。 葉は、根ぎに集まり,その間からほふく枝を伸ばして ひろがる。花茎は直立する。   (5/14) ...

ユウゲショウ(アカバナユウゲショウ)  紅色の脈が特徴 名前とは裏腹に昼間も     咲いている。     アカバナユウゲショウ アカバナ科(5/14)      ...

コマツヨイグサ  [小待宵草] アカバナ科 開花期: 5~11月 名: マツヨイグサ属の中では花が小さいことに由来する。 茎は立たず地面を這うか、斜上します。葉は切れ込む。花は枯れると橙色になります。  2018 5/11 ...

ハマエンドウ [浜豌豆] マメ科 花期: 4~7月 名: エンドウに似た実を付け、浜辺に生えるとこうからきています。 まれに白色の花もあります。  5/10 ...

タチカタバミ [立片喰] カタバミ科 花期: 4~7月 名: 茎が立ち上がることから。 葉の脇から長い花柄を伸ばし、黄色い小さな5弁花をつける。   (yo)  (yo) ...

↑このページのトップヘ