京都・丹後の山野草 図鑑 / sc-tango

草花との出会いは名前がわかると一層楽しいものです。丹後の自然のすばらしを多くの人に伝えたいと思います。

2015年06月

クララ [苦参] マメ科 花期: 6~7月 名: 根を噛むとクラクラするほど苦いことから、 クララと呼ばれる。 茎は基部が木質化し、葉柄や花柄とともに茶褐色の短い伏毛がある。   (yo)  (yo) ...

ケンポナシ  [玄圃梨]  クロウメモドキ科 花期: 6~7月 名: 太くなった果軸を手棒(てんぼう) に見立てて、また果軸が梨の味であることから、手棒梨、転訛して ケンポナシになった。 ...

マツブサ(ウシブドウ) [松房] マツブサ科 花期: 6~7月  名: 枝や葉、果実などを傷付けると、松脂のような香りがするから。  見かけはブドウに似ています。 ...

カワラサイコ  [河原柴胡]   バラ科 花期: 6~8月  名: 河原に生える太い根が薬用にされる柴胡(サイコ )に似ていることから名付けられました。 ...

ガマ(ミスクサ) [蒲] ガマ科 花期: 6~8月  名: 「蒲の穂」は「かまぼこ」の語源で、細い竹にすり身を付けて焼いた食べ物を指していた。  小型の葉巻みたい。昔は、布団の綿に利用された。 (yo) ...

ギシギシ(ウシグサ) [羊蹄] タデ科 花期: 6~8月 名: 花穂(かすい)をしごいて取るとギシギシと音がするから。 淡緑色の花穂がたちあがる。   (yo) ...

ネジハナ(モジズリ) [捩花] ラン科 開花期: 5~8月 名: 花がねじれたようにつくことに由来する。 花茎に花が多数螺旋状につく。根生葉は線状倒披針形で長さ5~20cm。   6月29日 ...

トウギボウシ(オオバギボウシ) [大葉擬宝珠] リュウレツラン科 花期: 6~7月 名: 橋の欄干などにつけられている 飾り「擬宝珠(ギボシ)」につぼみ(又は葉)が似ています。「大葉」は葉が大きい事から。 葉の基部が浅い心形。 6/28 ...

イバラ(ノバラ) [野薔薇] バラ科 花期: 4~5月 名: 野の荊(いばら)で、刺のある植物の意味。 葉は光沢がなく、裏面と葉丙に短毛が生える。   6/24 ...

ミヤコイバラ [都茨] バラ科 花期: 5~6月 名:「都茨」の意で、京都周辺に自生するために名がついた。 葉は互生し奇数羽状複葉、小葉は2から4対、葉縁に鋸歯がある。   6/22 ...

サルナシ(シラクチヅル) [猿梨] マタタビ科 花期: 5~7月 名: サルが我を忘れて食べるから。 サルナシはマタタビよりきょ歯の先がとがる。小枝の髄は薄板を重ねた形。 実は、9~11月頃熟す。   6/20   (yo)  ...

クマノミズキ [熊野水木] ミズキ科 花期: 6~7月 名: 樹液が多く、春先に枝を切ると水が滴り落ちることから「水木」で、三重県の熊野 で発見されたミズキという意味。 葉は、単葉で対生する。 (yo) ...

コバギボウシ [小葉擬宝珠] リュウレツラン科 花期: 6~7月 名: 蕾が花茎の上に集まっているのが、橋の欄干の擬宝珠に似いて、葉がちいさいから。 葉の付け根はクサビ形。花弁の内側に筋がある。   (yo) ...

マンテマ [マンテマ] ナデシコ科 花期: 5~6月  名:「マルティマ」が語源となったものと言われています。 花弁は桃覆輪。全体に毛と腺毛が多い。葉は対生。上部では広い線形。下部ではへら形。   ...

ネズミモチ(タマツバキ) [鼠黐] モクセイ科 花期: 6月 名: 実がネズミの糞(ふん)、葉が モチノキに似る事から。 葉はやや厚い革質でつやがあり、楕円形から広卵状楕円形で、全縁です。 (yo) ...

オオバアサガラ [大葉麻殻] エゴノキ科 花期: 6月 名: アサガラより葉が大きいため。アサガラは枝が折れやすく、皮が糸状に剥げることを、麻の茎に例えたもの。   (yo) ...

ソクシンラン [束心蘭] キンコウカ科 花期: 4~6月   名: ランに似た葉の束の中心から花茎をだすことによる。   葉はロゼット状で細い。花は細長い穂状につき、花や花茎に白色の腺毛が密生する。   6/15 ...

クリ(シバクリ) [栗] ブナ科 花期: 5~6月 名: 皮が黒いので クロミ ( 黒実 )から転訛したとする説があります。 クヌギそっくりの葉。鋸歯の先端まで緑色であることで区別できる。   6/14   6/11 ...

ショウブ (アヤメグサ) [菖蒲] ショウブ科 花期: 5~7月 名: 中国名の「白菖」として使うべきところを間違えて、 「菖蒲」と名づけ「しょうぶ」と呼ばせたもの。 古くから端午の節供の菖蒲(しょうぶ)湯などに用いられてきた。     6/14 ...

ハナミョウガ [花茗荷] ショウガ科 花期: 5~6月  名: 葉など全体の姿はミョウガに似ているが、きれいな花を咲かせることから。 葉は広披針形で、裏面に軟毛がある。  6/14 ...

↑このページのトップヘ