京都・丹後の山野草 図鑑 / sc-tango

草花との出会いは名前がわかると一層楽しいものです。丹後の自然のすばらしを多くの人に伝えたいと思います。

2015年04月

スズメノエンドウ [雀野豌豆] マメ科 花期: 4~6月  名: カラスノエンドウと比較すると花が小さいので、名前に“スズメ”がついた。 白紫色の小さい花でサヤに毛があり、豆は2個入りです。   (yo)  (yo) ...

サンショウ (ハジカミ) [山椒] ミカン科 花期: 4~5月 名: 山の椒(しょう)、「椒」すなわち辛味から名付けられたという説が一般的です。 葉は奇数羽状複葉、小葉は卵形で5~9対と先端に1枚つく。枝の刺は対生。 ...

クルマムグラ [車葎] アカネ科 花期: 5~7月  名: 輪生する葉が牛車の車輪を連想させるところから。   茎は4稜があり棘はない。葉はふつう6枚輪生し、披針状で長さ1~3cm。  4/30 ...

  ツルカノコソウ  花は小さく、開ききるとオトコエシのような花となる。            名: 蕾の頃の白と桃色の花の状態を鹿の子模様になぞらえた。 ツルカノコソウ  オミナエシ科(4/30)                   ...

タニウツギ(ベニウツギ) [谷空木] スイカズラ科 花期: 5~6月  名: 山の「谷間」に多く生え,茎の中が 空洞であることに由来。  昔、農家では近場に生える草木の変化を農事の暦として利用していました。  「タウエバナ」・・・     4/30 ...

オオカワヂシャ(オオカワヂサ) [大川萵苣] オオバコ科 花期:4~9月  名:日本古来のカワヂシャに比べ大きいのでオオカワヂシャ(大川萵苣)と呼ばれる。 ...

ホンシャクナゲ(シャクナゲ) [本石楠花] ツツジ科 花期: 4~5月 名: 枝が曲がっていてまっすぐな部分が1尺にもならないことから「シャクナシ」、これがなまってシャクナゲになったなど諸説ある。   (yo) ...

アズマシロカネソウ  [東白銀草]  キンポウゲ科  花期: 4~5月 名: 東日本に多いシロカネソウの仲間という意味で、シロカネソウは白い花です。 湿り気のある林内や沢の縁に生える。 花びら(本当は萼片)の数枚が紅い。  サイインシロカネソウは間違いで「アズマシロ ...

グンバイナズナ [軍配薺] アブラナ科 花期: 4~6月  名: 果実の形が軍配の形をしているから。  (yo)  (yo) ...

クマイチゴ [熊苺] バラ科 花期: 4~5月  名: 熊が出没しそうな山の中に生え、熊が食べそうなことから。  果実は夏に赤く熟し、食べられる。 ...

ヤブヘビイチゴ [藪蛇苺] バラ科 花期: 4~6月 名: 果実が美味しくないので蛇にでも食べさせろとか、ヘビノいそうな所に生えるなど言います。   (yo) ...

  レンゲツツジ  葉は互生し、質はやや薄い。新葉と同時に朱橙色の花を咲かせる。            名: 美しい大きな花を蓮華に見立てたもの。   レンゲツツジ  ツツジ科(4/29)     ...

ヒメコウゾ   葉脈が葉をふち取るようにつながることがポイント。          名: カミソ(紙麻)の音便、また神衣(かみそ)の木と言う説など諸説。    ヒメコウゾ  クワ科(4/29)     ...

  ハナイカダ  葉は薄く、先端が芒状にとがる低い鋸歯がある。葉の中央付近に花をつける。           名: 花の載った葉を筏に見立てたもの。  (雌雄異株)   ハナイカダ モズキ科(4/29)           ...

ウリカエデ  葉はウリハダカエデより小さい。 名: 樹皮がウリに似ているため付いた。 雌雄異株。   ウリカエデ カエデ科(4/29)      ...

ツクバネウツギ (コツクバネ) [衝羽根空木] スイカズラ科 花期: 4~6月  名: 先端にプロペラのようなガク片を残す果実が衝羽根に似ていることからこの名がついた。  果実にがく片が5個残る。 (4/29) ...

ヒトリシズカ(ヨシノシズカ) [一人静] センリョウ科 花期: 4~5月  名: 花穂が1本で静御前の舞う姿にたとえた。  フタリシズカと比べ花穂が1本。 葉は、輪生。   4/29         ...

イソスミレ (セナミスミレ)  [磯菫]  スミレ科  花期: 4~5月 名: 海岸近くの砂丘に生えるスミレであることから。 花は鮮やかな濃青紫。スミレとしては大輪の花をつける。 4/28 (間違いのため画像を入れ替えました)  ...

↑このページのトップヘ